>  > すごいフェラ女

すごいフェラ女

よくいく高級デリヘル店で一人すごい子がいました。その子とは初めて会ったのですが、私はフェラ女ということにしています。その名の通りずっとフェラをしてくれるのです。行きそうになったら本当に関係ない話をしてなえたらまたしゃぶり始めます。「いきそう」と言ったら「この間読んだ小説がすごいよかったら読んでみて」というのです。エロ要素があるのかと思いきや全然関係のない内容でした。いきそうになるとかならずそうです。そうして何度も寸止めされているのでもう発射したくてたまりません。タイマーがなっても一向に寸止めをやめようとしません。もう時間やばいだろと思ったぐらいでようやく本腰をあげていかせてくれました。どくどく出て、出た後もぴくぴくしていました。フェラ女は出た精液を手に出しそれを吸い、いきなりキスをしてきて半分口移ししてきました。フェラ女は口にあった精子を飲み欲し「飲める?」と言いました。首を横に振るともう一度キスをしてきて受け取りまた飲み干しました。すごい女の子でした。

[ 2014-03-10 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

錦糸町 デリバリーヘルス[東京デザインリング]